山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 山本紙業(Yamamoto Paper)  WRITING PAD A5 TOMOE RIVER

山本紙業(Yamamoto Paper) WRITING PAD A5 TOMOE RIVER

通常価格
¥1,760
- ポイント
販売価格
¥1,760
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

WRITING PAD A5 / TOMOE RIVER サイズ:148×210mm シート数:200 紙:巴川製紙所 トモエリバー 連量:52g/㎡ A5サイズ罫線下敷き付
抄紙機:静岡事業所 9号機

トモエリバー手帳用は薄くて軽い手帳用紙です。万年筆、ボールペン、えんぴつ等の筆記適性に優れており、やわらかい紙質は手帳の開きやすくしています。「ほぼ日手帳」に採用されていたことで国内外から注目を集めました。2019年、巴川製紙所はこれまでトモエリバーを抄紙していた静岡事業所 7号抄紙機を停止しました。以降9号抄紙機に切り替えて生産を継続してきましたが、2021年2月に同年9月末をもって9号機の停機予定が発表されました。2021年10月以降においてトモエリバー がどのように生産されるのかは未定です。(2021年5月時点) 山本紙業WRITING PADシリーズ 仕様:天のり製本 付属品:下敷き(12mm罫線/6mm方眼) 山本紙業WRITING PADシリーズは色々な紙の書き心地を愉しむことができるライティングパッドです。2019年に発生した新型コロナウィルス感染症は、あらゆる方面でこれまで培われてきた社会基盤に大きな変化をもたらしました。製紙業界においてもその影響は大きく、テレワーク推進におけるペーパーレス化も追い打ちとなりました。これまでの日本の製紙メーカーは、同品種でも販売地域によって紙を作り替えたり、用途に合わせた紙を多品種開発したりと、ユーザーの声や過去の経緯を重視してきました。その結果、世界でも珍しいくらいの多銘柄の紙が作られてきました。しかし、新型コロナウィルス感染症によって苦境に立たされた製紙メーカーは、経営資源のシフトチェンジを進めるため、収益性の低い紙銘柄の統廃合を加速させました。そして現在、様々な紙がどんどん廃番化されつつあります。そこで山本紙業WRITING PADシリーズは、この先もその存在を確約されていない紙たちの書き心地を記憶に残してもらう為に、山本紙業による筆記テストを行って紙を選定し、ライティングパッドとして製品開発致しました。是非、今しか味わうことのできないかもしれない紙たちの素晴らしい書き心地をお楽しみください。

 

Yamamoto Paper’s WRITING PAD series is a collection of writing pads that let you enjoy the textures and writing experiences of various types of paper. The outbreak of the global COVID-19 pandemic has brought about major changes in the social infrastructure across a wide spectrum of fields. The paper industry has also been greatly affected by this outbreak, with an accelerating trend to digitize traditional paper-based workflows to support remote workers hitting them particularly hard. Up until these times, Japanese paper manufacturers have strived to offer a wide variety of products to meet every customer’s specific needs, tweaking formulations based on regional needs or for very particular usage scenarios. As a result, Japanese paper manufacturers have managed to produce a vast breadth of paper varieties that are unmatched in any other part of the world. Unfortunately though, the pandemic has put these paper manufacturers in a severe financial strain, forcing them to find ways to cut costs for survival. The consolidation of product offerings has been accelerated and less profitable paper varieties are rapidly being phased out. In order to preserve the obscure gems of writing papers that are on the brink of possible extinction, Yamamoto Paper has curated our favorite writing papers and turned them into writing pads your enjoyment. We hope you will enjoy the wonderful feeling of writing on these papers as it may only be a matter of time before they disappear forever!

 

(山本紙業 HPより引用)